矯正歯科で輝く歯を手に入れろ~綺麗な歯をゲットせよ~

歯医者

歯周病の原因

女性

多治見市には、歯科治療に定評がある歯科医が複数います。歯は健康寿命にも大きく関わる部位です。なので、定期的にスケーリングに行ったりして、歯を大事にしていかないといけません。多治見市では定期健診に力を注いでいる歯医者も少なくないので、利用してみてはいかがでしょうか。歯のトラブルには、歯に原因がある歯原性があります。歯に原因がある歯原性の病気が歯周病です。歯周病は歯磨きの回数が足りなかったり、その方法が誤っていると侵食しやすく、菌が生成する酸が歯の表面から内部へと向かって、歯を溶かす病気です。また、歯周病菌は空気を嫌う細菌で、歯の周りにできた歯周空間に生息します。歯の周辺にある歯周空間に溜まって侵食した歯周病菌が炎症を起こして歯茎が腫れたり、歯の基盤である歯槽骨を溶かす病気です。歯槽骨がなくなると、基盤がなくなるので歯が抜ける可能性があります。歯周病菌が、歯茎の炎症で出血している部分から血管内に入り込み、動脈硬化や心筋梗塞など、血管病の原因になる場合があります。これらのトラブルは、定期的に歯医者に通院することで早期発見早期治療をすることが可能です。

虫歯や歯周病ではない歯の痛みのトラブルについての知識と理解について知ることが大切です。歯というのは身体の中の硬い器官のひとつで、金属製の器具でもなかなか傷がつかないです。噛むことで歯の接触面が徐々に削れて摩耗して、形が変わります。歯の内部の象牙質や根元のセメント質の部分は、表面のエナメル質ほどには硬くないです。そのため、表面が削れなくても歯の根元の部分に傷が入ったり、歯が割れてしまうことがあります。このような状態になると、その割れた部分に菌が侵食して炎症を起こすため、骨にも力が入り続けることになり、下顎の骨が口の中に出っ張るように形が変わることもあります。しかし、多治見市の歯医者に通うことで、そのような状態になった時にも治療を受けることが可能です。多治見市の歯医者に通って、いつまでも健康に過ごしたいものです。